管理人、彩月(Aduki)の趣味ブログです。
ただいまこちらのブログは更新しておりません。ログのみ保管中。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
『アヒルと鴨のコインロッカー』
読みやすいのと、先が気になるのですぐ読み終わりました。
タイトルセンスとか、神様を閉じ込めるとか、ポイント的に好きなトコはありました。ただ苦手な描写が少々あったので総合的には↑な評価ですが。。たらーっ
映画化したら、この本の仕掛けはどうするつもりなのかしら?そこは少し興味あるかも。龍平の役は???で誤魔化してるのか、なる。
寧々が麗子さんてのはぴったしですねイケテル
---
『アヒルと鴨のコインロッカー』映画公式サイト:http://www.ahiru-kamo.jp/
| 00:00 | | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://gosuimori.jugem.jp/trackback/180
| アヒルと鴨のコインロッカー | 2007/04/16 16:54 |
椎名という大学生の現在の物語と琴美という女性の二年前の物語が交互に描かれる、カットバック形式の小説。椎名は引っ越し先のアパートの隣人(河崎と名乗る)に「本屋を襲わないか」と誘われる。 断りきれなかった椎名は本屋から広辞苑を奪う手伝いをさせられてしまう