管理人、彩月(Aduki)の趣味ブログです。
ただいまこちらのブログは更新しておりません。ログのみ保管中。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
『べっぴんぢごく』
極楽に酷似した場所があるとすれば、それは極楽ではない。
地獄としか思えない場所があれば、そこは正しく地獄である。


美女と醜女が交互に生まれる女系一族の百年の物語がつらつら語られています。
物語としておもしろいか?と問われるとそうでもないのですが(『ぼっけえ、きょうてえ』のインパクトには負ける)愛欲と怨念、因果。岩井志麻子作品の雰囲気にはどっぷりつかれます。
乞食(ほいと)隠れがどんなものかがちょっとわからないのですが…。

にしても、横溝先生と岩井志麻子作品から構築された私の岡山イメージは、どんどんぼっけえ、きょうてえものになっていっておりますよ…おばけ
| 00:00 | | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://gosuimori.jugem.jp/trackback/310