管理人、彩月(Aduki)の趣味ブログです。
ただいまこちらのブログは更新しておりません。ログのみ保管中。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
『十三人の刺客』
変態、大変!!

・・・すいません、今何か間違えました僕ぅ(←かまってちゃん風に言ってみる。笑)

水曜日は、友人たっての希望で『大奥』観るはずが、一時間前にしてすでに満席!! え、そんな人気あんの?!! と思いつつ、半ば私のゴリ押しで代わりに『十三人の刺客』を観賞してきました


(※注)
以下、私の三池監督への偏った愛(?)をぶちまけてるので、見苦しいのが嫌なひとは読まないで下さい。読んでもいいけど、ひかないで下さい。。
 


まさかまさかの蔵之介×玉木のラブシーンのかわりに、伊勢谷×岸部一徳見せられるとは・・

もう何て言っていいか・・・


三池監督の変態(爆)


どシリアス中だろうと、名作リメイクだろうと、クドイ!そのシーンいらねぇよ!と罵られようと(笑)おふざけを決して忘れない三池哲学毎度感服いたします

三池さんは「恐い」と「痛い」の天才ですね!!
さすが恐-1グランプリ!!
見た目だけでもhostelの画面に違和感無く溶け込めるだけある!!!
ぼっけぇ、きょうてぇわ。笑。

当たり外れの激しい三池作品にあって、私が思うに本作は「当たり」だと思います

まぁ、冒頭の切腹シーンからしてかなりくどーくグロいですが(私吐きそうでした・・)でも、そこは痛みに耐えて乗りきって!! その先に男たちのロマンが待っているから!!

勧善懲悪でありながら、邪道極まりない。

そんな三池監督が好きな林檎鳥がオススメてみましたー
(しかし、未だかつて三池作品を一緒に観てイイね!って言った友人はいないのである。)

---
十三人の刺客:http://13assassins.jp/index.html
| 18:55 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://gosuimori.jugem.jp/trackback/459